東京の普通の暮らしを体験できる街

池袋から西武池袋線で一駅の椎名町は、住宅や店が立ち並ぶいわゆる「普通」の町。でも、東京の当たり前の暮らしを体感できるその“普通さ”が魅力です。

椎名町見学に出かけた香港出身のYumiさんが、「面白い!」と目を留めたのは、道の両側に個人商店が並ぶ商店街です。今では少なくなってしまったそんな商店街が、椎名町には3筋もあるのです。

椎名町は、都内観光にとても便利な街。8本もの路線が乗り入れている池袋駅へは電車でたった4分です。アクセスの便利さから、椎名町は、実は訪日観光客に有名な場所でもあります。

また、宿泊施設も人気の理由の一つ。トリップアドバイザーの人気ホテルランキングで4位にランクインしたこともある「ファミリーイン西向」のモットーは、「Home away home」。その言葉通りのアットホームな雰囲気と親身なおもてなしで、リピーターが続出! 写真の国旗は、その日の宿泊客の出身地のもの。100カ国以上の国旗が用意されています。

ファミリーイン西向
東京都豊島区長崎2-34-16
http://www.familyinnsaiko.com/

「シーナと一平」は、街の雰囲気を味わえる宿泊施設。トンカツ屋の店舗を活用した外観もとてもユニークです。1階は週末の夜には居酒屋になり、地元の人との自然な交流が生まれます。毎日午後4時からは地元のパティシエ手作りのスイーツを販売。宿泊客も地元の人も気軽に楽しめます。

シーナと一平
東京都豊島区長崎2-12-4
http://sheenaandippei.com/

椎名町散策もいよいよ終盤。椎名町駅の近くには、500年の歴史を誇るお寺・金剛院があります。広々とした敷地を、季節ごとの花や緑が彩ります。お参りしたあとは、カフェ「赤門テラス なゆた」で一休み。スイーツのほか精進料理などのお寺メニューも人気です。

真言宗豊山派 金剛院
東京都豊島区長崎1-9-2
https://www.kongohin.or.jp/

椎名町には2020年3月に、「トキワ荘」の再現施設「マンガの聖地としまミュージアム」がオープンします。マンガの神様といわれた手塚治虫氏や『ドラえもん』で知られる藤子・F・不二雄氏、『怪物くん』などの作者である藤子不二雄Ⓐ氏らが若い日を過ごしたアパートで、施設の周辺には様々なフォトスポットも誕生する予定です。ますます面白くなる椎名町へ、ぜひ足を運んでみてください。