レトロな大塚を「OMOレンジャー」と街歩き

池袋から山手線で一駅の大塚は、都電が走り、昔ながらの商店街が広がる、レトロで親しみやすい街。2018年5月にオープンした「星野リゾートOMO5 東京大塚」では、宿泊だけでなく「ディープなご近所の魅力を楽しんでもらおう」と、スタッフが足で探したコースを紹介しています。その案内役「ご近所ガイドOMOレンジャー」の栗原さんに、香港出身のYumiさんが特別に「お散歩コース」を案内してもらいました。

まず立ち寄ったのは、おにぎり専門店「ぼんご」。50種類以上の具とできたてのおにぎりを楽しめる人気店で、昼時は長い行列ができるほどです。

昭和レトロの雰囲気いっぱいの商店街。「昔の香港の下町と似ている」とYumiさん。長く商売を続けている店も多く、写真上肉屋さんのご主人は3代目、下の和菓子屋さんは、1937年創業です。みなさん温かくて気さく、下町の良さを感じさせます。

林精肉店
東京都豊島区南大塚3-55-1
http://www.m-ohtsuka.net/hp/hayasi/

千成もなか本舗大塚店
東京都豊島区南大塚3-54-4
https://www.monaka.co.jp/?mode=f2

大塚天祖神社は、駒込から東池袋まで広大なエリアの守り神。境内にある推定樹齢600年の雌雄の大銀杏は、縁結びのパワースポットといわれています。

山手線と都電が交差する風景は、大塚ならでは。春と秋は美しいバラと都電が撮れるフォトスポットもあります。

「星野リゾートOMO5 東京大塚」のコンセプトは、「寝るだけでは終わらせない、旅のテンションを上げる都市観光ホテル」。街の一部であるパブリックスペースや和のくつろぎを堪能できる客室など、お茶目で楽しい仕掛けが一杯です。Yumiさんも「今度は宿泊して、大塚のグルメを楽しみたい」と笑顔。街に泊まって街に溶け込む、新しい都市観光を体験してみませんか。

星野リゾート OMO5 東京大塚

住所: 東京都豊島区北大塚2-26-1
電話: 0570-073-022(星野リゾート予約センター 受付時間9:00~20:00)
URL: https://omo-hotels.com/

※「ご近所ガイドOMOレンジャー」は宿泊客対象のサービスです。