巣鴨散歩、日本のおばあちゃんに会いに行こう

池袋から山の手線で2駅、巣鴨の駅前からつづく商店街の愛称は、「おばあちゃんの原宿」。老舗の和スイーツやファッション、雑貨が充実していて、Kawaiiの本場・原宿に負けないほど賑っている。人とのふれあいが温かい巣鴨散歩を、中国出身の玲霞さんと婷さんが心ゆくまで楽しんだ。


1

「おばあちゃんの原宿」は、恋に温かい?

地蔵通り商店街は、いつも人で賑っている。最近では、訪れる若者も増えており、商店街入口にある「すがもんのおしり」は、人気スポット。地蔵通り商店街のマスコットキャラクター「すがもん」のおしりにやさしく触ると、恋が実るとか。


2

老舗の和スイーツをたっぷり食べ歩き

元祖 塩大福みずの
東京都豊島区巣鴨3-33-3
http://shiodaifuku.co.jp/

巣鴨には職人さんが何十年も作りつづけてきた和風スイーツが多い。ほどよい甘さにほのかに塩味が効いたみずのの塩大福は、巣鴨の名物。行列のできる人気店だ。

ごま福堂巣鴨店
東京都豊島区巣鴨3-19-13
http://www.terakoyahonpo.jp/fs/senbei/c/product06

杵でついたごまにこだわるごま専門店。炒りごまの香ばしい匂いに、つい足がとまる。料理用のごま製品のほか、スイーツの種類も豊富。

巣鴨・金太郎飴
東京都豊島区巣鴨3-18-16 

飴を作り続けて60年。定番の金太郎飴のほか50種類以上もある飴は、見るだけで楽しい。2人もお気に入りをゲット。

おいもやさん興伸 巣鴨本店
東京都豊島区巣鴨3-38-1
http://www.oimoyasan.com/

さつまいも問屋が開いたいも菓子店は、創業140年!  秘伝の蜜を絡めた大学イモやスイートポテトなど、定番オヤツは超ロングセラー。


3

買物に、食事に、商店街は行列のできる店揃い

「日本一の赤パンツ」マルジ「赤パンツ館」
東京都豊島区巣鴨4-22-7
http://www.sugamo-maruji.jp/

病よけになる、運気が上がるといわれる赤パンツの専門店。店内は赤づくしの商品で一杯。日本各地はもちろん海外からも買物に訪れる。

寺子屋 創作ちりめん布遊舎 巣鴨店
東京都豊島区巣鴨3-20-14大矢ビル1F
http://yaplog.jp/3535sugamo/

お箸や手拭、財布など和のテイストにあふれた小物は、お土産にも喜ばれそう。巣鴨のシンボル・お地蔵様人形の笑顔もカワイイ。

巣鴨ときわ食堂(巣鴨店)
東京都豊島区巣鴨3-14-20 

刺身・煮物・焼き魚など日本の定番おかずから、好きなものを選んでご飯とみそ汁付きの定食にできるときわ食堂。並んでも食べたいというファンも多い。


4

森の賢者・ふくろうと遊ぶ

ふくろう喫茶ふくろうのおうち
東京都豊島区巣鴨 3-18-13 メゾン・ド・カメリア1F
http://www.296home.jp/

手のひらサイズから2kgを超える大型まで、24羽のふくろうに会える「ふくろうのおうち」。腕に乗せたり、触ったり、ふくろうと楽しい時間が過ごせる。ふくろうをかたどったケーキも人気だ。


レトロな路面電車で、雑司が谷へ行くこともできる


5

すれ違いのない不思議なお堂

すがも鴨台(おうだい)観音堂(通称:鴨台さざえ堂)
東京都豊島区西巣鴨3-20-1
http://ohdai-sazaedo.jp/

往路と復路が交じり合わない不思議な構造のお堂で、最上階には観音像が安置されている。大正大学構内にある施設だが、自由に参拝できる。


6

日本を代表する桜・ソメイヨシノの生まれ故郷

桜の開花を告げる標本木になり、日本全国で人びとに愛されているソメイヨシノは、巣鴨生まれ。19世紀に染井村(現在の巣鴨・駒込周辺)の植木職人の品種改良で誕生した。春になると、染井霊園や駅前の並木通りなど巣鴨周辺にはいまでもソメイヨシノが美しい花を咲かせる。


7

地下1800mから湧き出る無色透明の温泉

東京染井温泉SAKURA
東京都豊島区駒込5-4-24
http://www.sakura-2005.com/

地下1800mから汲み上げた天然温泉は、東京では珍しい無色透明の湯。静かな隠れ家風の佇まいでゆったりとした時間を過ごせる。巣鴨散歩の締め括りに、温泉を楽しむのもお薦め。


PAGE TOP